■ Home > 踊る編集長日記

雑誌フラレア編集長のブログ:踊る編集長日記

フラレア本誌編集長”踊る編集長”平井のブログです。

■ フラレア

フラレア10月12日発売の表紙はこちら!

■ フラレア

こちらは楽器のページです。

■ フラレア

フラレアが校了になりました。
こちらは巻頭ページ。
シマシマはブラインドの影です。

■ フラレア

ポリネシアンを知ろうのページです。

■ 月

中秋の名月です。
17:54分自宅にてiPhoneXにて。

■ 裁判

朝の忙しいさなか『テレビ朝日』から電話。

きっと今騒がれているフラの振り付けに対してのコメントだろう!!

と電話に出たらその通りのビンゴ!



振り付けについての意見など一時間以上電話で説明。今夜21:00〜のAbema TVに生で出て欲しいと。

一旦保留にするも、そのご約一時間お話をし、出演はなくなりました。



結局『テレビ朝日』の方にも話したのですが、上面だけのニュースにしないで欲しいこと、細かな内容も報道するべきです。



内容は九州ハワイアン協会とカプさんの蜜月が終わり、カプさん側よりワークショップで教えた6曲に関して、振り付けに対する著作料300万を払うよう訴えられたことです。

結果としては♪エ ピリマイの一節の Ike I ke ahi o Makanaの振りがカプさんのオリジナルであるとして(テレ朝から聞いた。オリジナルは手を三角にする仕草)2018年9月20日に大阪地裁より九州ハワイアン協会が43万ちょっとを支払う判決がでました。



また、同時に行われていた裁判の判決も出ました。こちらは九州ハワイアン協会が、カプさんをワークショップに呼んだが、キャンセルをしたための賠償としてカプさんが450万を九州ハワイアン協会を相手に訴訟をおこした。

こちらに関して九州ハワイアン協会は支払う必要はないとの大阪地裁の判決。



これが結果です。2つ裁判が行われていたのですね。



フラにも著作はあると平井も思いますが、



振り付けを買った場合は相手のものになります。例えばパパイヤ鈴木さんがAKBの振付をした場合は、この振り付けに対する金額を払った人の権利になります。多分AKBの事務所。

音楽CDの場合は制作費を払った人の権利です。

この辺はどうだったんだろうか??? と思います。





そしてココが核心。

ワークショップ。

例えば仮称クムABC(笑)が横浜でフラのワークショップを行いますから皆さん来てくださいと宣伝し、なんと100人も集まりました。

このワークに来てくれた人の中には日本のフラの先生も多くいます。

中には20人も生徒を連れてきてくれた先生もいます。

先生たちはクムABCから習った曲を教室で教えます。これは今まで普通の事だったけど、今回問題になったのはワークで教えた曲なのです。

だからこの判決が出るということは?????どうなっじまうんだろ。

それから私が二時間も話した内容を、変に引用し、許諾なく放送はないと思うのですが、念の為upさせていただきます。

■ 可愛いパッケージ

ビッグアイランドキャンディーのパッケージ!
メチャ可愛いですね。
たぶん40周年記念かな?

■ モクオ

フィナーレです。

■ モクオ

モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フラ・フェスティバル 鳥取

ちょっと見づらいかもしれませんが、アウアナの方に総合順位が入っています。

ワヒネカヒコ

フラ・ハラウ・ピカケ・テルヌマ
曲 カハク・オ・ハワイ
武良範子先生 3位

フイ・フラ・ナーレイカラクプア
曲 カイウラニ
花山幸子先生 2位

ハーラウ・フラ・オ・ミノアカ
曲 ナニ・ニイハウ
ミノアカ永森先生 1位


ワヒネアウアナ

フラ・ハラウ・ピカケ・テルヌマ
曲 ハナウマ
武良範子先生 3位 総合3位

フイ・フラ・ナーレイカラクプア
曲 エ・ピリ・マイ
花山幸子先生 1位 総合2位

ハーラウ・フラ・オ・ミノアカ
曲 カ・レイ・ニイハウ
ミノアカ永森先生2位 総合1位

■ モクオ

モク・オ・ケアヴェ・インターナショナル・フラ・フェスティバル2018日本大会in鳥取


フラ・ハラウ・ピカケ・テルヌマ
曲 モアニ・ケ・アラ
武良範子先生
1位タイ

カ・レオ・オ・ラカ・イ・イアパナ・~カ・パ・フラ・オ・カ・イエイエ
曲 へ・レイ・ノ・カマイレ
春日井彩由美先生
2位(1位とタイブレークのため審査委員長のナラニ・カナカオレの点数にて)

カ・フラ・フイ・オ・ケーハウラニ
曲 クウ・プア・サクラ
海老名りか先生
3位

フラレアショップ

今月のプレゼント

写真付きハーラウガイド

ハワイアンカルチャー

電子書籍

メルマガ申し込み

文踊社

ハワイアンメレ正誤表

ショップお得情報