■ Home > Hula Diary

ハワイ現地からDaisukeが綴るブログ: Hula Diary

ハワイ在住ライター よしみだいすけによるフラ・ブログ!

■ 今週の必見ハワイ動画

今月のハワイは、雨季の冬らしく雨模様の日が多いですが、おかげでよく虹が見れます。先日も福岡からいらしていたフラ教室のみなさんをメレ旅ガイドしていたら・・・



さてさて、今週のハワイ動画、あとふたつシェアします。
映画「The Greatest Showman」で大ヒットした『This is Me』の意外なカバー・バージョンの動画が公開されました。ハワイや他の太平洋の島人たちがこの歌に込める思いとは?
ライアテア、レフア、ナタリー、マーク・ケアリイ・ホオマル他の歌声で聴いてみてください。



最後にフラ動画。
ホノルルの州庁舎入口でのフラ・カヒコ、大御所クムフラたちの顔も見えます。踊るのは『ʻO Hānau Ka Mauna A Wākea』(マウナケア誕生)。フラ・コミュニティーが一同に介してマウナケア保護を訴えています。ハーラウの垣根を超えて踊るカヒコ、一見の価値あり!



マウナケアといえば、年明けは下関でマウナケア勉強会に招待いただきました。ありがとうございました。その他、福岡、別府、北九州を巡ってハワイ講座や上映会を楽しんでいました。現地で出会ったみなさん、Mahalo!

View this post on Instagram

Pule Maunakea 〜ハワイ島のマウナケアに想いを〜 . よしみだいすけさんをお招きして開催した *mahaloha*Mahalo ワークショップ無事に終了しました。 . ご参加くださった皆さま、ありがとうございました。 . mahaloha では狭い会場での開催でご不便をお掛けしましたが、その分、よしみだいすけさんとの距離を近くに感じていただけていたら幸いです❤︎ . このワークショップが、何かを考えるきっかけになっていたら嬉しいです。 . . この日はとってもいいお天気☀️ 青空も太陽もサンセットも夜空もキレイでしたね♪ . 大切な神聖な場所を守りたいと思う気持ち 届くといいな。 . . #よしみだいすけ #maunakea #livealoha #mahalohamahalo . #aloha #mahalo #mahaloha #hawaii #hawaiilove #lovehawaii #feelhawaii #ハワイアン雑貨 #shimonoseki #下関 #ハワイ好き #mahaloha808

A post shared by *mahaloha* (@mahaloha808.083) on





これから訪れるのはこちら。現地で会えるのを楽しみにしています。


■ フラレア最新号と最新おすすめ動画

もうすぐ発売!フラレア最新号のミュージシャン・インタビュー「音楽園」では、日本のハワイアン・ミュージシャン二組をフィーチャーしました。
関西を中心に活動するハワイアン・デュオ「Koʻolua(コオルア)」は、スラックキー・ギターとウクレレでフラソングの歌と演奏はもちろん、こんな癒しサウンドを奏でるお二人。



そして『ウクレレで「ハワイアンの弾き語り」ができるようになる本』の著者で横浜をベースにウクレレ・インストラクター、ウクレレ・シンガーとして活動する北田朋子さん。



歌なしでは踊れないフラダンサーのために歌うミュージシャンたちの心意気を、インタビュー記事から感じていただけたら嬉しいです。

今週のフラダンサーにおすすめ動画はこちら!



文章と写真では伝えられないことを動画で伝えられるようにYouTubeチャンネルをスタートしました。こちらもよろしく!

2019年もお世話になりました。2020年もどうぞよろしくお願いします!

■ 12月のハワイ

HAPAのライブに行ってきました。ケリイ・カネアリイとバリー・フラナガンのオリジナルHAPAです!ブルーノート・ハワイで『Heʻeia』『Kuʻu Lei Awapuhi』『Kuʻu Lei Kuʻu Ipo』『Lei Pīkake』『Ka Uluwehi O Ke Kai』『Puʻuanahulu』など90’s Hapaの曲たちを生で聴けるなんて!極めつけは『Mānoa in the Rain』♪ 極上の音楽に触れて最高に幸せな時間でした。



ハワイアン航空に乗って観たい映画がなかったり映画の気分ではないときは、BGM代わりに機内音楽番組「Island Favorites - 日本語」を聴いてみて。月によってはぼくがDJをしている番組に当たるかも。今月もダウンタウンのスタジオでレコーディングしてきました。



今月もセミナー参加者限定フラダンサーのためのメレ旅プライベート・ガイド。
メレ旅中に、一輪だけ咲いていたイリマの花を見つけました。なんだか変わった花びらの形だな、と思いながらFBでシェアしたら「いいね」がいつもより多くついていました。どうしてだろう? もしかして花びらが❤️シェイプだから?(笑)



1月は日本各地にお邪魔します。現地で会えるのを楽しみにしています。



■ ハワイでメレ旅

セミナーで訪れる各地で、本を片手にメレ旅をしたことを伝えてくれる人、次のハワイでメレ旅ガイドをしてほしいと相談くださる人が増えています。
本誌での特別連載と書籍で広めた「メレ旅」が、日本のフラダンサーに浸透しているのを感じられて嬉しくなります。



ニーズやリクエストに合わせてコースは自由自在。フラソングを聴きながらのいろいろな発見に、目を輝かせるみんなの顔を見るのが幸せ。


■ 11月のハワイ

ハワイも11月に入って夏の終りを感じ始めました。マノアの谷から見えるサンセットは、冬の間ちょうどアラモアナの海に沈みます。そして毎日夕焼けがとてもきれい。




そんなハワイで最近ハワイアン・ラジオからよく聴こえてくるお気に入りフラソングはこちら。



Hu'ewa のメンバーとして数年前にアルバム・デビューしたKupu Dalire-Na'auaoのソロ・デビュー曲です。いい曲だなぁと思っていたら、やはり!ヒューエットさん作のメレでした。そんなわけで、本誌次号のヒューエットさんのページではこのメレについて語っていただくのでお楽しみに。

今月ハワイに来るというあなた、もし24日にワイキキにいるならこちらのイベントがおすすめ。



ロイヤル・ハワイアン・センターのロイヤル・グローブで開催される「ホオラウレア・アット・ヘルモア」は、3人のクムフラ、ロバート・カジメロ、ヴィッキー・タカミネ、マイケル・ピリ・パンがコラボして主催しているイベントです。

今月下旬、ぼくは今年最後の日本仕事。通訳、司会、一般公開セミナー、ハーラウ・セミナーなどのイベントで京都~逗子~仙台~東京~奈良~東京と巡ります。詳細は下のリンクからどうぞ。現地で会いましょう!



■ 最新カラカウア本とトキワ荘?

先日、玄関に封筒が届けられていました。
開けてみたらこのカードが入っていました。



ハワイで出版されたばかりのカラカウア本の出版記念イベントへの招待状です。
よく見たら著者の名前は隣の部屋に住む隣人の!
えー!? ティファニー、こんなすごいプロジェクトを進めていたのか!
驚きと嬉しさでテンションが上がったまま早速アメリカのAmazonで購入。
学ぶこといっぱいありそう。
っていうか、マノアのこの敷地内にハワイ本著者が二人もいるってなんか不思議。
そして連想したのは「トキワ荘」(笑 わかるかな?)

著者冥利に尽きる話

本を出版していいことたくさんあります。制作段階はとても苦しいですが・・・
読者にいい影響を与えることができたと実感できるときほど幸せなことはありません。
最近、著者冥利に尽きるな~と思ったこと2つシェアしますね。
すべての読者に心から感謝しています。







■ 10月セミナーレポート

マノアの虹に見送られて、日本に来ました。



日本各地のフラダンサーにメレとハワイの歴史を学んでいただくセミナー旅、まずは浦安から松山へ。
浦安では「メレの中の神話伝説」をお勉強。
ペレ、ヒイアカ、ホーポエ、ヒナなどなど、フラソングにも歌われる神様のこと、「そうだったんだ!?」の連続。



松山では「メレの中のハワイ王族」をお勉強。
カメハメハ大王からカメハメハ5世まで、王様をたたえるメレと時代背景について「へ〜!」の連続。



愛媛でのホイケ司会でヒューエットさんと合流して、その後大阪〜広島〜神戸〜青森〜山形を巡ります。
現地で会いましょう!
セミナー詳細はこちら↓
https://www.yoshimidaisuke.com/pages/1040207/page_201706020227

■ 今週のフラダンサー必見動画2

フラダンサーに観てほしいオススメ動画を紹介しています。
今週はこちら。
ハワイ州観光局 Hawai'i Rooted シリーズより、マウイ島のクムフラをフィーチャーしたショート・ストーリー。
森とフラダンサーの関係を描きます。



マノアかと思うようなダブルレインボーを、九州で見ました。


10月も各地を旅します。現地で会えるのを楽しみにしています!


■ 今週のフラダンサー必見動画

英語が苦手なフラダンサーのあなたにも覚えてほしい単語、Responsible。
早速調べてみてください。
そう、そういう意味なんです。
そして世界の観光業は「Responsible Tourism(レスポンシブル・ツーリズム)」に舵を切りつつあります。
観光地の自然・文化・地域コミュニティーの生活を尊重し大切にする観光のありかたを模索しているのですね。
それは訪れる側である観光客自身の問題でもあるし、受け入れる側の観光業に携わる会社や団体の問題でもあります。
求められるのは観光客の数の多さではなく、質の高さになります。
そういう意味でも、ハワイの文化や自然を学び大切にしてくれるであろうフラダンサーは、今後これまで以上にハワイに歓迎される観光客になるでしょう。
ハワイ州観光局も「Responsible Tourism(レスポンシブル・ツーリズム)」を推進して、ハワイ文化の素晴らしさをより強くアピールしはじめました。その一例としてこんな動画シリーズを昨年から英語マーケット向けに公開していました。すばらしい作品群なのでぜひ日本向けにも!というラブコールをして、翻訳を担当させていただき公開にこじつけました。
今週はそんな動画シリーズ、「Hawaiʻi Rooted」の中からこちらを紹介します。
何回も観てほしいです。




■ 閉ざされた道

ハワイのネイバー・アイランドに旅行を考えているフラダンサーは要注意。現在、ハワイには観光客に閉ざされた道が少なくとも2つあります。ひとつはご存知、ハワイ島のマウナケア・アクセス・ロード。200号線サドルロードからマウナケア山頂へ向かう道です。多くのクムフラ、ハワイアン・アーティストらも参加する、天文台建設を阻止するプロテクト・マウナケア運動の現場です。当然のことながら、マウナケア山頂への星空ツアーも行われていません。
プロテクト・マウナケア運動のことをよく勉強してサポートのために行くならまだしも、状況もよくわからずにのこのこと観光客顔して訪れるのはやめましょう。





観光客に閉ざされたもうひとつの道はカウアイ島北岸のクヒオ・ハイウェイです。
昨年の大雨洪水災害後、1年間閉鎖されていたハナレイ以北のクヒオ・ハイウェイは6月に再開通しましたが、災害前から問題となっていた観光客流入過多への対策として、ハエナ州立公園への入園制限システムが導入されました。
入れるのは一日900人限定。入園パスは要予約で有料。
パス予約は訪問予定の30日前からオンラインでできますが、1~2週間前の予約はいっぱいになってしまっています。
くわしくはこちら↓



ふたつの閉ざされた道はどちらもその先にハワイアン、そしてフラダンサーにとっての聖地があります。

フラレアショップ

今月のプレゼント

写真付きハーラウガイド

ハワイアンカルチャー

電子書籍

メルマガ申し込み

文踊社

ハワイアンメレ正誤表

ショップお得情報