■ Home > Hula Diary

ハワイ現地からDaisukeが綴るブログ: Hula Diary

ハワイ在住スタッフ”ダイスケ(NUI)”によるフラ・ブログ!

■ 10月のハワイ

今月はハワイで次作『メレ旅』本制作期間中ですが、多くの日本のフラダンサーとお会いする機会もたくさんありました。



昨年11月に他界した『ハウマーナ』監督故ケオ・ウールフォードさんの一周忌に向けて進めているビデオ・プロジェクトの撮影もしました。



フラ・ホオラウナ・アロハのパーティーで司会もしてました。



ハワイの空気の中で踊る幸せな顔をたくさん見ることができました。
ただ、フラ・ホオラウナ・アロハのイベント中、イベント名の意味を知ってか知らずか、まったくアロハでない行動を取る人(日本の先生)を目にしてしまいました。
自分の勘違いに基づいて横柄な態度で文句を言う、いわゆるクレーマー。
ハワイでは、とくにハワイアンのイベントでは、こういう人見たことありません。
伝え方の問題です。
いったいあの人はフラを通して何を学び何を教えているのだろう・・・
後でイベントのDVDを観て自分が恥ずかしくなるだろうに・・・
モヤモヤっとしましたが、そんな先生は数少ない一握り。
その何倍も素敵な先生がいて、そういう先生には素敵な生徒が集まっています。
あるいは素敵な先生によって素敵な生徒が育っています。
ぼくはこれからも、すでにつながっている、そしてこれからつながるそういう人たちに向けて、情報発信していこうと改めて思います。

■ メレ旅連載開始

ずっとやりたかった連載がスタートしました!
タイトルは『メレ旅』。



「歌の中のこの地名、どこにあるんだろう、どんな景色なんだろう?」
フラダンサーならこんなふうに思うこと、一度や二度ではないはず。
ハワイに住んでいるぼくでさえ、行ったことがない場所、見たことがない景色はたくさんあります。
フラソングを訳したり、ハワイ語辞書編纂していて、こんな思いがどんどん大きくなったのです。
「フラソングに歌われる場所を訪ねる島旅がしたい」
この旅が実現しました!
ハワイの島々の各地で見たフラソングの地の景色を、見たくても見れない日本のあなたと共有する、それがこの特別連載の趣旨です。

連載第一弾はオアフ島編。
観光ではなかなか行けないマニアックな場所を紹介しています。
スマホがあれば、ぼくが現地で見たそのままの景色を動画ですぐ手の中に!
動画へのアクセスは紙面のQRコードから。
たとえばこんな。



これを読み取ると、隠された(?)秘密の動画が現れます。
たとえばこんな。



ぜひ読んで、観て、歌の中のハワイにトリップしてくださいね。
次号連載第2弾はハワイ島編です。こちらもお楽しみに!

ところで来月のだいすけがご案内するオアフ島メレ旅ツアー(カフラホア主催)、申し込みまだ数席間に合うみたいです!
ハワイでお会いしましょう。


■ メレ旅〜カウアイ島

ハワイ島・マウイ島に続いてカウアイ島を旅してきました。
ハワイアン・ソングに歌われる景色を探す『メレ旅』です。
カウアイ島でのメレ旅は総走行距離500キロ、メレに歌われる約20の地名リストを片手に、実際にその景色を見つけて写真と動画に収めてきました。







カウアイ島の印象を一言で言うなら「島が熟成している」。
雨風による山の浸食がすごい。
植物の植生も多様だし、森が深い。
たとえば島年齢がまだ若いハワイ島と比べると違いは一目瞭然。
ハワイ島が血気盛んな若きアリイだとするなら、カウアイ島は寡黙な長老カフナといったところ。
そんな島で見つけたメレの中の景色たち、一部をシェアします。




カウアイ島絶景シリーズ〜ハエナ マカナの頂を背景に。 #メレ旅 #kauai #絶景 #ハワイ

Daisuke Yoshimiさん(@nuidaisuke)がシェアした投稿 -







取材した各島のメレの景色は、上巻(カウアイ島&オアフ島編)と下巻(ハワイ島・マウイ島・モロカイ島編)の2冊同時発売となる書籍でお楽しみください。文章と写真、そして動画であなたをメレの地へいざないます。
本で動画?
と思われたかもしれません。
簡単です!各ページに連動する現地撮影の動画にネットでアクセスできるよう、QRコードが印刷されます。あとはスマホで読み取るだけ。すると、たとえばオアフ島のモコリイのページからはこんな動画にアクセスできるというわけです。



『メレ旅』は12月上旬発売予定、どうぞお楽しみに!

■ ケアウホウ!

この週末は東京でNā Hiwahiwa コンサートが開催されましたね。
毎年担当しているコンサート・プログラムの原稿に、ナー・ホークーと受賞出演者紹介を今年も書かせていただきました。
とくに9部門受賞の快挙を成し遂げたケアウホウについては、日本のフラダンサーにもその素晴らしさを広めたいと思っていました。



Nā Hiwahiwa コンサートは、まだ20代の3人が奏でるレトロ・ハワイアン・サウンドと素晴らしい歌声を生で堪能していただくいい機会になったはず。
『ケアウホウ』については来月発売のフラレア本誌にインタビュー記事も書いています。ぜひこちらも合わせてお楽しみください。


■ マウイ島メレ旅

ハワイ島に続いてマウイ島を旅してきました。
ハワイアン・ソングに歌われる景色を探す旅です。





Lahaina Sunset ラハイナでサンセット #mauisunset

Daisuke Yoshimiさん(@nuidaisuke)がシェアした投稿 -




ハレアカラから見たサンセット #haleakalā #mauisunset

Daisuke Yoshimiさん(@nuidaisuke)がシェアした投稿 -




マウイはブーゲンビリアもピンク色 #maui #pink

Daisuke Yoshimiさん(@nuidaisuke)がシェアした投稿 -




マウイ島を歌うメレの中の景色を探してドライブした総走行距離は715キロ。
新しい発見と忘れられない景色が待っていました。

あなたがまだ見ぬ、メレに歌われた景色を文章と写真と動画で紹介する「メレ旅本」、11月出版を目指して制作中。
お楽しみに!


■ ハワイ島メレ旅

ハワイ島へ行ってきました。
これまで何度も訪れているものの、6泊ステイは自己最長記録です。
毎日何をしていたか? 
「メレ旅」をしていました。フラソングに描かれる景色を探す旅です。



行く先々で、目的地へ向かう道中で、数々の絶景に出会いました。
それらのほんの一部ですがここにシェアしましょう。
ハワイ島サンセット・シリーズです。

ハワイ島絶景サンセットシリーズ コナ・サンセット with オヒアレフア #hawaii #konasunset

Daisuke Yoshimiさん(@nuidaisuke)がシェアした投稿 -







今日のサンセット@Keauhou, Hawaii

Daisuke Yoshimiさん(@nuidaisuke)がシェアした投稿 -




今日のサンセット@Kawaihae, Hawaii #kawaihaesunset #bigislandhawaii

Daisuke Yoshimiさん(@nuidaisuke)がシェアした投稿 -




ハワイ島メレ旅を終えて思うこと。
この島はスケールが大きすぎて、歌の景色を見つけそこでメレの世界をじっくりと堪能していたら1週間でもぜんぜん足りない、ということ。
結局、島全体をくまなく周り、見たい景色、事実確認したい場所の全リストから50の地を巡ることができました。車の移動だけでも総走行距離約1200キロ。もはやこれは「車で巡るハワイ島お遍路」と呼べるレベルではないか!(四国お遍路も未体験で何を言うか、というツッコミが聞こえてきそうですが・・・)
メレに歌われるハワイの地を「聖地」と捉えるなら、これはフラダンサーにとって「聖地巡礼の旅」になり得る、ぼくは少なくともそう確信しました。
ハワイ島メレ旅を終えてもうひとつ思うこと。
訪れなければわからないことが本当にたくさんある、ということ。逆に言うと、訪れることでたくさんの謎が解けることを知りました。実際に見て感じた「アハ体験」の数々を、日本のフラダンサーにシェアできることを楽しみにしています。
この旅の成果は、フラレア本誌の特集や今後の著書に形に残して、フラダンサーのお役に立つようにします。
さ、次はマウイ島お遍路だ!

■オアフ島でメレ旅をしたい、というあなたにはこちらがおすすめ!
11月19日出発 だいすけと行くフラソングの旅2017〜ノースショア&ワイマナロ
http://kahulahoa.com/daisuke-tour.html

■ フラ動画撮影旅

映画『ハウマーナ』の監督、故ケオ・ウールフォードさんを追悼して捧げるフラのビデオ撮影を続けています。
今回の日本滞在中に撮影に訪れたのは北海道と九州。
撮影協力くださったのは
札幌のオープアケハウオカラニKeikoフラ教室の皆さん。



そして福岡のKa Hula O Hīhīmanuの皆さん。



本当にありがとうございました。
ケオ監督とともに日本全国を駆け巡った映画『ハウマーナ』上映イベント、そこでまかれた種がいろいろな土地のいろいろな人の中に花開いている、そんなふうに感じさせてもらっています。
変な話ですけど、ときどきケオが一緒のような気持ちになります。
今回、札幌でも福岡でも、ぼくとダンサーたちのそばに大きな蝶が現れて、しばらくそばにいて舞っていました。
亡くなった人の魂が蝶の姿になって親しかった人のそばにやってくる、そんな迷信を信じたくなりました。

この旅はあと少し続けます。
今年、1周忌の11月下旬に7箇所7組のフラダンサーが踊る「Aloha Aku Aloha Mai」第2弾として1本のミュージック・ビデオを発表します。
あと3箇所、3組のフラダンサー・グループと出会えるのを楽しみにしています。

札幌のオープアケハウオカラニKeikoフラ教室のレポート
http://ameblo.jp/bolmou/entry-12296099041.html

Ka Hula O Hīhīmanuのレポート
https://www.facebook.com/permalink.php?story_fbid=1781924151832559&id=503111696380484

■ 『メレ旅』強化月間

ここのところ毎日オアフ島を西へ東へ、北へ南へ走り回っています。
「フラソングに歌われているロケーションをくまなく訪れる月間」なのです。
これまで見過ごしていた場所、行ったことがなかった場所、行き方がわからなかった場所を出来る限り見て回ろう、そう決めました。
なかなかそこに身を置くことができない日本のフラダンサーに変わって、そこで見たり感じたりしたことを文章と写真と動画で体験を伝えよう、という企画です。
しかも訪れるのは観光で気軽に行けない場所、オアフ島でも山奥や島の行き止まりの端っこ。さらにネイバーアイランドへもメレの地を訪ねて行きます。

この「メレ旅」を10月号から本誌でレポートするとともに、年内に「フラソングの地ガイドブック」という形でまとめる計画です。
凝り性なぼくは、こういうマニアックなことをするのが大好きです。早くもいろいろな発見、特別な景色をいくつも見つけてテンション上がっています。
さらにドローンも手に入れて楽しみ倍増。
これを駆使して、見慣れない視点からの美しいハワイの景色をたくさん集めるつもり。楽しみにしていてください。
サンプルとして、こちらの動画をシェアします。





【イベントお知らせ】
7/16,17 渋谷ヒカリエのHawaii Expo 2017に出演します。





7/25 福岡でメレ解読術ワークショップを開催します。
https://www.facebook.com/events/1430545090367285??ti=ia

■ 6月のハワイ

「何月のハワイがおすすめですか?」と聞かれたら、「一番いいのは6月と7月です」と答えます。何しろ花々が咲き乱れてカラフルです。それにフラダンサーにとっては、歌の中に出てくる花が実際に咲いている姿を見ることができる貴重な時期です。うまく合わせることができるなら、ぜひこの時期のハワイを体験しに来てくださいね。今年はちょっと・・・というあなたのために、ぼくが撮ってきた動画をシェアしましょう。

シャワーツリー


ブーゲンビリア


プルメリア


レフアマモ

■ 今週のハワイ〜銅像

ワイキキに立つ銅像、いくつ挙げられますか?
デューク・カハナモク、プリンス・クヒオ、クイーン・カピオラニ、プリンセス・カイウラニ、キング・カラカウア、ガンジー・・・
先日、ワイキキの銅像リストにあるレジェンドの名前が加わりました。
その名は・・・
ギャビー・パヒヌイ!
ハワイ音楽史に残る偉大なアーティスト、スラック・キー・ギターとスチール・ギターの名手で現代の多くのハワイアン・ミュージシャンに多大な影響を与えたレジェンド・ミュージシャンです。
ギャビーの銅像が立ったのは、ワイキキ・ビーチ・ウォークの芝生エリア。夕方フラのショーなどやるあそこです。
次回のハワイでぜひ見に行って一緒に記念写真をどうぞ!
ギャビーを知らないあなたにはこちら


フラレアショップ

今月のプレゼント

写真付きハーラウガイド

ハワイアンカルチャー

電子書籍

ラジオフラステーション

メルマガ申し込み

文踊社

ハワイアンメレ正誤表

ショップお得情報