■ Home > Hula Diary

ハワイ現地からDaisukeが綴るブログ: Hula Diary

ハワイ在住ライター よしみだいすけによるフラ・ブログ!

■ 「知らない人」から「知る人」へ

「正直に自分の無知を認めることが大切だ。そうすれば、必ず熱心に教えてくれる人が現れる」(ウォルト・ディズニー)

東京〜札幌〜福岡をセミナーで回りました。





先々でいただく感想の中に、「知らなかったことを知る喜び」を伝えてくれるものがあって、とても嬉しくなりました。
知らなかったことを素直に受け入れて、知ろうと努力する人、知ることに喜びを感じている人にこそより多くのことをシェアしたくなります。
フラ、ハワイへの(そしてその他すべての異文化への)愛とリスペクトは、その文化を学び知ることで育まれるものですから。


「恐怖は常に、無知から発生する」(エマーソン)

あなたはハワイ島火山活動の”災害”ニュースに踊らされていませんか?
ハワイ島でもキラウエア、プナ・エリア以外は危険はないし、ましてやぼくらオアフ島に住んでいる人にはまったく影響なし。
今回の溶岩流出で死傷者は出ていません。




「自身が無知であることに気づいた人間は、自身が無知であることに気づかない人間よりもはるかに賢いのである」(ソクラテス)

まだ気づいてない人に気づいてもらおう。



同じものを見ても、知っている人は気づけて知らない人は気づけない。
歌の中のカヴェルも、映画の中の聖地も・・・



この写真を見て、ピンと来るあなたがぼくは好きです。

Daisuke Yoshimiさん(@nuidaisuke)がシェアした投稿 -



知るための旅に参加しませんか?

オアフ島メレ旅にご案内します。 11/8出発

Daisuke Yoshimiさん(@nuidaisuke)がシェアした投稿 -


■ 4月のハワイ

マノアに住んでいるし、虹を見つけるのが得意なので、人よりちょっと虹との出会いが多いぼくですが、今月は特別でした。こんな虹を捕まえることができたから。

今日見ていたマノア・レインボー #manoa #rainbow #ドローン撮影

Daisuke Yoshimiさん(@nuidaisuke)がシェアした投稿 -



マノアの虹をドローンで撮影したい・・・
という願いが叶いました。

さらに!
何百という虹を見てきたぼくが、初めて見た不思議な現象がこちら。



何か特別なこと予感させるこんな現象を見て、昔のハワイアンなら何を思ったのだろう。そんなことを考えていたその日の夜、カウアイ島が米国観測史上最大規模の雨量を記録した大雨に襲われ、北岸部が洪水や土砂崩れの被害に見舞われました。
現在はハエナなど一部を除き、カウアイ島への観光客を通常通り迎え入れています。

ぼくは日本に来たところです。
3週間ほどかけて、講演/セミナーの旅をします。
現地でお会いできるのを楽しみにしています。


■ メリーモナークとホクレア号

今年もメリー・モナークが終わりました。
現地で観たあなたも、ネット・ストリーミングで観たあなたも、お疲れさまでした。
ぼくのツイッター解説をフォローしてくださったあなた、ありがとうございました。
あなたが今年一番印象に残ったパフォーマンスは?
個人的には圧倒的にこれ!





そして彼らがカーネ総合優勝でした。(詳しくは本誌7月発売号で)

お祭り騒ぎのヒロからみんなが去るのと入れ違いに、ぼくはヒロ入りました。
静けさを取り戻したヒロのグランド・ナニロア・ホテルにチェックインすると、目の前の海にホクレアが!



ホテルの窓の外にホクレアを見ながら眠りにつき、翌朝持ってきた着替えの服を広げると、無意識でパッキングしたホクレアTシャツが入っていました。それを着てホクレア号のもとへ歩いていくとクルーが数人イベントの準備をしている。地元の学校がホクレア号見物に来るのを迎えるようです。Tシャツに気づいて声をかけてくれたクルーが、流れで少しだけホクレアに乗せてくれました。

そして翌朝、乗って鳥肌。 #hōkūleʻa #ホクレア

Daisuke Yoshimiさん(@nuidaisuke)がシェアした投稿 -



偶然に起こった幸せな出来事に喜ぶぼくを見て、同行の方々はやさしく見守りながらこんなふうにつぶやいていました。
「この歳でこんなふうにときめかせてくれるものがあるって、いいことだよね」

■ 『たくさんのメレ・・・』シリーズ第四弾

『メレ旅』出版に合わせて「フラソングの地を旅する」をテーマに各地でセミナー/講演会を行っている最中ではありますが、作り始めています『たくさんのメレ・・・』シリーズ第四弾!



ハワイ語集制作にあたって最初にすることは、100曲のメレ選曲。
選びましたよ、選りすぐりの100曲。
選ぶ基準は単純です。

①『たくさんのメレから集めた言葉たち3』制作後にぼくが観たコンペ(メリー・モナーク含む)やステージで踊られた曲
②メレ勉強会セミナーでリクエストされた曲
③2016年以降に人気になった新しいフラソング

以上、3つの項目に当てはまるフラソングから100曲、つまりメレは古くも新しくもタイムリーな100曲が集められています。
これら100曲の歌詞からすべての言葉を抜き出したハワイ語集を作るというわけです。そしてこれがあれば歌の意味調べが簡単にできます。

新100曲リストを知りたい?
ここに発表します!

メレ4リスト
Aia I ʻŌlaʻa Kuʻu Aloha
Aia Lā O Pele I Hawaiʻi
ʻĀina ʻO Miloliʻi
ʻAkahikuleana A Ka Piko
Aliʻi ʻIolani
Aloha Kaʻeo
Aloha Kuʻu Home A I Kāneʻohe
Aloha Kuʻu Home A I Keʻalohi
Aloha No Kanaloa
Awalau Hula
Beautiful Kahana
E Nā Kini
ʻEleu Mikimiki
Eō Hāna
Hālawa
Haleʻiwa Hotel / Hanohano Haleʻiwa
Haleluia
Hanalei I Ka Pilimoe
Hanohano Haʻikū
Hanohano Nō ʻO Kailua
Hawaiʻi Ākea
He Aloha E Ka Melia
He Aloha Nuʻuanu
He Hawaiʻi Au
He Lei Aloha no Hilo
He Lei No Kamaile
He Mele Aloha No Puna
He Mele No Hina
He Pua Wehiwa
He Wehi Aloha
Heʻeʻia 
Hole Waimea
Home Kapaka
Honolulu Harbor
Hoʻohaehae
Hualālai
I Lanikai
I Waikapū Ke Aloha
Ka Lehua Pūnono
Ka Leo Manu O Hawaiʻi
Ka Paniolo Nui O Molokaʻi
Kaʻena
Kaha Ka Manu
Kāhiko Kapālama
Kamalani O Keaukaha
Kāneʻohe
Kaulana O Kawaihae
Kawaihae
Kawaihae Hula
Ke ʻAla ʻIliahi
Ke ʻAla Lauaʻe
Kilakila ʻO Moanalua
Koʻula
Kuhihewa
Kuʻu Ipo Onaona
Kuʻu Lei Maile
Kuʻu Leo Aloha
Kuʻu Poliʻahu
Kuʻu Pua Ilima
Kuʻu Pua Mae ʻOle
Kuʻu Tita
Kuʻu Wā Liʻiliʻi
Laimana
Lei Hala
Leolani
Lepe ʻUlaʻula
Luʻuluʻu I Nā Ua Nui O Hanalei
Mai Puna Ka Wahine Pele
Matsonia
Maui Nani
Mele A Ka Puʻuwai
Mele Hoʻāla Moku
Miloliʻi
Minoʻaka
Moanikeala(Moani Ke ʻAla)
Moanikeʻalaonāpuamakahikina
Mōhala Ka Hīnano
Mokuola
Molokaʻi Jam
My Sweet Pīkake Lei
Nā Uʻi O Kauaʻi
Na Vaqueros
Nānākuli
Nani Koʻolau
Nani Mōkapu
Neneʻu
Ninipo
Oʻahu
Palisa
Panini Pua Kea
Pīkake Launa ʻole
Pili Kāpekepeke
Pua Kukui
Pua Māmane
Pua Mōhala I Ka Wēkiu
Pua O Ka Hēʻī
Puna I Ka Ulu Aloha
Rose Onaona
Sweet ʻApapane
Uʻilani
Wahine Hololio
Waikīkī Hula
Wehiwehi ʻOe
(※予備曲含めて100数曲になっています。後ほど調整してカットされる曲もあることご了承ください)

『たくさんのメレから集めた言葉たち 4』を2018年夏の出版目指して制作中!
お楽しみに。

■ 今月のハワイ

3月7日、日本でもおなじみのクムフラ、ティアレ・ノエラニ・カアイナ(旧名ノエラニ・チャン)さんの訃報でハワイ・フラ界が悲しみに包まれました。
ぼくは、通訳やワークショップのコーディネート、取材などで何度もご一緒させていただきました。
昨年出版した『LIVE ALOHA』の中の「笑顔」のページには、テレビ取材で彼女にご協力いただいたときのエピソードも書かせていただいてました。
いつもフレンドリーで優しかったノエラニさんのご冥福を、心よりお祈りいたします。


そんな中、メリー・モナークは刻一刻と近づいています。出場する各ハーラウは、本番に向けての準備に大忙し。旅費などの資金集め、ファンドレイザーも盛んに行われています。
たとえば、こちらのハーラウのこんなイベントや・・・


こちらのハーラウのこんなイベントが実施されました。


なかにはこんな方法での資金集めも!ネット/SNS時代ならではですね。


メリー・モナーク・フラ競技開催は4月5・6・7日。
だいすけの「勝手に解説ツイッター中継」、今年もやるつもりですのでお楽しみに!
その前に1週間東京滞在でセミナーを開催します。
一般公開、どなたでも参加可能のセミナーはこちら。
3月25日(日)吉祥寺(満席御礼)
3月31日(土)赤坂(予約受付中)
吉祥寺、赤坂でお会い出来るのを楽しみにしています。

■ メレ旅は続く

2018年のテーマは「メレ旅」です。
正確に言えば昨年から始まっていました。
ぼくにとってのメレ旅には、3つの側面・段階があると考えています。
第一の舞台はハワイ、各島を取材という形で自身が旅する「メレ旅」。
これを昨年後半に行いました。





第二の舞台は日本、「メレ旅」本を出版し読んでいただくことで、そして日本各地を旅して講演という形で、メレの地を届ける「メレ旅」。







第三の舞台は再びハワイに戻って、メレの地を訪れたいという人を現地にご案内する「メレ旅」。



ハワイでのメレ旅ガイドは、講演/セミナーに参加してくださったかた限定とさせていただき、講演/セミナー参加時にご相談いただいています。

ちなみに、今年11月にはフラレア主催のハワイツアーが計画されています。このツアーでメレ旅ガイドもさせていただきますので、詳細発表をお楽しみに!

今年は第二・第三の「メレ旅」を通して、ハワイアンが歌に描く大切な場所「メレの地」をより多くの人に知っていただく活動を精力的にしていきます。
あなたの街での「メレ旅」講演の際は、ぜひ足をお運びください。
講演のご依頼も受け付けています。お問い合わせはこちらまで。hulanavi@gmail.com

今後の講演情報

3月


5月

■ メリー・モナーク2018

メリー・モナーク2018の出場ハーラウが発表されましたね。



おなじみのクムフラ勢です。
出場ハーラウ総数は24、ワヒネのエントリー数は20,カーネのエントリー数は9。
ニュースといえば、サニー&ロパカ率いるHālau Nā Mamo O Pu‘uanahuluとジョニー・ラム・ホー率いるHālau O Ka Ua Kani Lehuaが帰ってくることくらいでしょうか。

じつは現在、『たくさんのメレから集めた言葉たち』シリーズの最新刊(Vol.4)制作を始めています。今回も新たにメレ100曲から言葉を集めます。
昨年、そして今年のメリー・モナーク・エントリー曲もたっぷり選曲するので、それぞれのハーラウがどんなメレを選んでくるのか楽しみです。

恒例になってきた一言解説ツイッター中継、今年はできるかな?






■ マウイ島でハワイ語問題

1月のハワイは多事多難。
誤報による弾道ミサイル危機で街がパニックになるという騒動がありました。
ハワイ王国転覆125年の日、ハワイアンとハワイアンをサポートする人々による平和的なデモ行進が大々的に行われました。
事件はその数日後にマウイ島の裁判所で起きました。



何が起こったのか?
ハレアカラ山頂への天体望遠鏡建設反対運動のリーダーであるハワイ系大学教授が、出頭した裁判所の証言台に呼ばれた際に英語を話さずハワイ語のみで受け答えした。
裁判官はハワイ語に耳を貸さず英語で話すよう強要。それに従わずにハワイ語を話し続けた彼の出席を認めず、裁判を中止して逮捕令状を出すという暴挙に出た。
(裁判所では英語が話せない被告人のために通訳がアレンジされる。この裁判官はハワイ語の通訳の立ち会いを拒否していた)
この出来事がハワイ中に伝わり、多くのハワイアンが怒りの声をあげ、ソーシャルメディアが炎上。数日後、マウイ、そしてオアフ島ホノルルでハワイ語を話す権利を脅かす行政への意思表明デモが行われた。



投稿の動画を観てください。英語・ハワイ語がわからなくても伝わるものがあるはず。クムフラやハワイアン・ミュージシャンたちの姿も見えます。



ちなみにハワイの公用語は英語とハワイ語の2カ国語。
そうなるまでには、ハワイ語が禁じられたハワイアンにとっての暗黒の時代を経て、ハワイ文化復興、ハワイ語復活を実現したハワイの人々の運動の歴史があります。
現代のハワイで、ハワイ語を話すことで逮捕されうる状況などあってはならず、時代を逆行するようなこの出来事に多くの人が怒りと悲しみを露わにしています。

映画『Moana』(邦題は『モアナと伝説の海』)を制作したディズニーは、ハワイ語版をわざわざ制作するほど、ハワイの文化を大切にしているというのに・・・
オリジナル版の声優アウリイちゃんはじつはハワイ語も話せる!?
こちらの動画を観てください。ミュージシャン、アーロン・サラーの姿も。


■ 2018年もよろしくお願い致します!

フラレア最新号が発売されています。
ご購入がまだのあなたは、この記事を読み終わったらすぐネットで注文するか、近くの書店へGO!



12月中旬の『メレ旅』出版以降、一般公開のセミナー/トーク・ショーを東京・大阪・愛媛・福岡で行いました
参加してくださった皆さまに感謝!
ありがとうございました。




昨日は、吉見大介さんの セミナーのお手伝いに行って 参りました 昨年もお手伝いさせて頂き 女神、神話… 初めて聞いたお話しが とてもおもしろくて、 その後に見たディズニーの モアナは自分なりの 目線で見たので数倍満足感
そんな素敵なお話しを今回も沢山♫ ご参加頂きました皆様も 楽しく過ごされていました\(//∇//)\ 今回は、お手伝いの方で事務作業など 諸々諸々している間に終わってしまって ほんの少ししかお話しを 聞けなかったのですが ちょっぴりでも面白いっ♫ 最新作の本もご用意させて頂いた 物は完売!! フラの先生方や、ダンサーの皆様に 新年のご挨拶もさせて頂き 美味しいケーキも食べて 大満足の時間を過ごしました ╰(*´︶`*)╯♡ 吉見大介さん Lanaikulaniオーナー ご参加頂きました皆様 ベティクロッカーズの皆様 敏腕カメラマンのけんさん ありがとうございました❣️ #フラ #吉見大介さん #神話 #ベティクロッカーズ #フラダンス #メレ旅 #ケーキ #ハワイ #ハワイ行ってみたい

Riseさん(@rise.handmade)がシェアした投稿 -



ハーラウからのご依頼でセミナー/メレ勉強会も。
コンペや発表会、特別なステージのためにがんばるフラダンサーと先生の力になれたら幸せ。



1ハラウの日本姉妹校との分裂が生み出した軋轢に侃々諤々のフラ界、誤報によるミサイル危機、ハワイ王国転覆125年記念日の集会など、ザワザワした日々が続いているハワイに帰ります。
いろいろ考えさせられるところですが、フラダンサーのあなたはどんなことを考えさせられているでしょう・・・

■ 『メレ旅』 上下巻発売中

ハワイアン・ソングに歌われた地を旅する本『メレ旅』が出版されました。



Amazon、書店、フラレア・オンラインショップなどでのご購入、そしてスタジオ単位でのたくさんのご注文、ありがとうございます。
どんな内容なのか気になるあなたはこちらをチェック。
もくじをご確認いただけます。



この本の中には以下の要素が詰め込まれています。
●地名が歌われるメレの一節と訳詞
●その場所の解説&紀行文
●ドローンも駆使した現地撮影写真(モノクロ)
●二次元コードでアクセス、ハワイの風をリアルに感じる動画(もちろんカラー)
動画の一例はこちら。



曲を聴いて、歌詞を確認し、写真を見て本文を読み、さらに動画で現地の様子を知る、という新しい読書体験をぜひお楽しみください。
冬休み、のんびりじっくり歌の中のハワイ妄想旅行へ!

読後感想をシェアしてくださる皆さま、ありがとうございます。
あなたの投稿も大歓迎。




フラレアショップ

今月のプレゼント

写真付きハーラウガイド

ハワイアンカルチャー

電子書籍

ラジオフラステーション

メルマガ申し込み

文踊社

ハワイアンメレ正誤表

ショップお得情報